Category Archives: コラム

Googleの開発環境に思うこと

あまり新しくもありませんが、Googleの開発環境について書かれているエントリを見つけました。
http://blog.livedoor.jp/heitatta/archives/54439839.html
さすがGoogle、まさにITをフル活用した次世代の社内開発環境です。
近年のオープンソースコミュニティーの開発の速さには目を見張るものがあります。他人の作ったコードを寄せ集め、修正、改良し、新しい付加価値を加えてまたそれを公開する。それをものすごい人数が、ものすごいスピードで当たり前のようにやっていて、日々無数のソフトが改良され、無数の新しいソフト、サービスが生まれ、またそのサービス同士もまたものすごいスピードでマッシュアップされ、そこにまた新しい付加価値が生まれる…。
当然会社での開発とは異なり開発メンバーは固定しておらず、自分のスキルが生かせるのであればどこにでも首を突っ込むことができます。他のメンバーが気に入らなければ、参加をやめるのも、枝分かれして開発するのも自由。
この世界にいる人は、
・母国語を喋るような感覚で超高速コーディングできるのが当たり前
・やはり母国語のように他人のコードを理解し、使いこなすのが当たり前
・思いついたらどうこう考える前に即作るのが当たり前
・やりたいことをやり、つまらなくなったらやめる
・自分の得意なことだけやり、苦手なことは他の得意な人におまかせが当たり前
・わずらわしい開発期間やコスト、人間関係や組織の壁、政治の心配など一切なし
という感じで、開発者から見てまさに理想に近い世界に暮らしている様子。開発に集中したい人間にとってはとても効率が良い仕組みで、生産性が高いのもうなづけます。普通の企業でも2~3番目くらいまでは得意な人を見かけますが、4番目以降はさすがにオープンソースでの開発ならではといったところでしょう。
上のGoogleの記事を見て、Googleというのはこういったネット上で生まれた新世代の開発環境を、社内で実現してしまったのだな、と思いました。
私も周りの同世代と比べてもそれなりにプログラムができるつもりでいましたが、こういった新世代のエンジニアと比較すると
・個人や組織での分担された開発が主で滅多に赤の他人のソースなど見ない
・他人のソースを利用できないので思いついたことを実装するにもそれなりの時間が掛かる
・だから何か面白いアイデアが思いついても作ろうという決心がつくまでも長い
・今与えられている仕事の責任もあり、そう簡単に方向転換できない
・歳をとったのか、こういった新世代についていこうにも全然腰が上がらない
…など、気づかないうちに完全に時代遅れの人間に成り下がっていることを思い知らされます。たまたま今の仕事はプログラムを書くことがメインではないので何とか成り立ってはいますが、30歳にしてこの世界で世代遅れになってしまっていることは恐ろしい現実です。
ソフトウェアやサービスを会社ぐるみで開発しようとしたとき、Googleの開発環境は恐らく今一番効率の良いものの一つだと思います。しかし他の企業がこのやり方をまねようと思っても、これだけ世代が違うとなかなか難しいでしょうね。
大きな組織に一旦根付いてしまった仕組みを変えたり、新しい仕組みを定着させるのは大変なことです。ある程度の規模の既存の企業にこのような仕組みか、さらに上をいく仕組みを取り入れようとすれば、まずは仕組みづくりやその必要性の議論に時間が費やされ、仮にスムーズに導入が決定しても変化についてこれない人などが現れるのは必至。一時的な生産性の低下は避けられず、大きなリスクとなります。
さらに、このあたりの仕組みは当然これからもものすごいスピードで洗練されていくはずで、Googleのやり方ですら古くなる時代もそう遠くはないでしょう。せっかく新しい仕組みを導入しても、その時その仕組みがまだ有効である保障はありません。
このようにめまぐるしく変化する世の中で、我々は一体どのように立ち振る舞っていけばいいのでしょうか。
個人的には、今後100年くらいかけてこのような変化に追従可能なベンチャー企業の独断場になるのではないかと予想します。そしてやがては上に書いたような理想がさらに具現化され、自分のやりたい仕事を好きなだけ行い、自分の仕事が生んだ付加価値分の報酬を受け取れる仕組みが出来ると(blog記事に関しては、アフィリエイトの普及で既にその仕組みが完成しつつあります)、いよいよ会社組織の成り立たない個人の時代になるかもしれません。

自動音場補正について #4 補正用マイクなどの紹介

このコラムも随分間が空いてしまいましたが、今回たまたま自分用に周波数特性
補正用マイクを購入したので(Frieve Audio M-Classを使った周波数特性の測定を
行う度にリビングに仰々しいマイク、ミキサー類をセットアップするのが面倒で、
もっと手軽に測定できるようにしようとリビングでの測定専用マイクを
用意することにしたものです)、この機会にコラムの続きを書きたいと思います。
購入したのは以下のマイク&ミキサーです。
BEHRINGER ECM8000(全指向性コンデンサーマイク)
BEHRINGER XENYX 802(コンパクトミキサー)

サウンドハウスにて購入。かかったお金は送料、代引手数料込みで15,235円でした。
10年前はこれくらいのものを購入しようとすると5万円以上のコースだったことを
考えると、音響機器の価格破壊もここまできたかという感じです。
ECM8000は、全指向性専用の測定用コンデンサーマイク。特性表を見る限り周波数、
指向特性共にまあまあフラットで、あまり手で補正しなくてもそれなりの結果が
得られそうです。
XENYX 802は、ファンタム電源付きマイク入力が2系統ついたコンパクトミキサー。
マイクプリ部に自信ありげな製品であるのと、何よりファンタム付きミキサーの
中でも格安だったことが決め手となり、選択しました。
オーディオインターフェイス、ミキサー、マイクを接続し、リスニングポイントに
どんとマイクを立てて測定です。
早速周波数特性の補正を行いざっと聴いてみた感じでは、こんなに安い機材を
使っているにも関わらずしっかりと補正できているな、という印象です。
どの音域でも特定の周波数が飛び出すことなく、耳障りに感じることがありません。
測定結果をプロットしてみても、重要な帯域を無理なく測定できているようです。

もっともより厳密な測定をするためには周波数特性表がついたマイクを使ったり、
オーディオインターフェイスのAD/DA、マイクプリアンプ、ミキサーの特性を
差し引いたイコライジングを行う必要がありますが、こんな簡易測定でも何も補正を
行わないのと比較すればその差は歴然です。
Frieve Audio M-Classの自動周波数特性補正を試している人の中には、とりあえず
パソコン付属のマイクや、手持ちのダイナミックマイクを使っている人も
いらっしゃるかもしれませんが、そういった方に是非この組み合わせを
お勧めしたいと思います。
こんな機材を追加するだけでも(オーディオへの投資と考えれば、費用対効果は
相当なものです)、かなりの精度での測定が可能になりますよ。

自動音場補正について #3 音場補正のパラメータ調節

今回は、Frieve Audio M-Classの自動音場補正のパラメータに調節方法ついて
解説したいと思います。
・補正の強さ
何%補正をかけるかのパラメータです。基本的に100%で問題ありません。
・平滑化
周波数に対して補正をどの程度細かく行うかのパラメータです。スライダーを
動かしてみると、0では各周波数ごとにかなり細かく、100ではかなり大まかに
補正されるのが分かると思います。

0
33

66

100
測定位置において周波数特性をよりフラットに近づけたいのであれば、0にした方が
よいということになります。しかし、周波数特性は部屋の場所によって大きく
異なるものです。測定位置において周波数特性をガチガチにフラットにすると
いうことは、その他の位置での周波数特性が逆に暴れてしまう可能性があることを
意味します。
このパラメータを0に設定すると、測定マイクを置いていた位置に頭を固定し、
全く体を動かさない状態では最適なバランスに聞こえるかもしれません。しかし、
音響特性をよく考えて作られた部屋でもなければ、少しでも頭の位置を動かすと
バランスが崩れてしまう場合がほとんどです。
周波数特性を平滑化すると、そこまで厳密な補正が行われなくなる分、
スイートスポットは広く確保することができます。部屋の位置によって周波数特性が
大きく変わるような場合は、平滑化は50以上など、大きめにしたほうが良好な結果が
得られるかもしれません。音響特性がよく考えられた部屋、機材の配置をよく
吟味してある部屋では、部屋の中を移動しながら試聴し、0~30程度の間で
調節するとよいでしょう。
・補正範囲
周波数特性を何Hz~何Hzの間で補正するかを設定します。基本的にここでは、
スピーカーの周波数レンジと、マイクの周波数レンジの狭いほうを設定します。
スピーカーの周波数レンジ、マイクの周波数レンジは、それぞれスペックの
「再生周波数帯域」、「周波数特性」から拾ってきてもかまいませんが、
環境によって実は思ったほど低域が出てなかったり、ダイナミックマイクを
使った場合や、指向性マイクを使った場合は高域がとれていなかったりする
可能性がありますので、イコライザ画面の「測定結果の確認」ボタンを押し、
エネルギーが確認できる周波数範囲から少し狭いくらいを入力すると
よいでしょう。

図では、30Hz~14kHzほどまでエネルギーを確認できるが、補正を行うのは
35Hz~12kHz程度にしておく
補正範囲を入力すると、補正特性がイコライザ画面下のグラフに表示されます。
低域や高域であまりに補正特性が大幅になる(+18dBを超えるような)場合は、
補正範囲をさらに狭めるべきです(そこまでの周波数をフラットにするには、
スピーカーもしくはアンプに限界がある可能性が高いです)。
また、Frieve Audio M-Class上での補正幅があまり大きくなりすぎると
フルデジタルでない(DAコンバーターが介在する)システムではSNが低下する
恐れもあります。周波数特性の測定結果に基づいて一度アンプのトーン
コントロールだけを用いてできるだけフラットな周波数特性を作っておき、
そこで補正しきれない分だけをFrieve Audio M-Classで自動補正するのも
手でしょう(Frieve AudioM-Class以外のソフトや普通のCDプレイヤーなどを
使って音楽を聴くこともあるなら、なおそうするべきです)。
・終端
補正範囲で指定した周波数範囲の外側を、どの程度補正するかを設定します。
0では補正範囲で指定した周波数範囲の外側の周波数は補正しません。
100では外側の周波数を、補正範囲で指定した周波数の終端の補正幅を利用して
補正します。
補正範囲がスピーカーの再生周波数帯域いっぱいのようであれば、0に指定します。
周波数帯域に余裕があり、マイクで測定しきれていないような場合は50以上の
値に設定してもいいでしょう。
次回は、音響特性の測定に用いるマイクについて解説します。

グラディエーター

ダヴィンチコード真っ盛りの今?なぜグラディエーターかと言えば、とある友人が
一番好きな洋画はグラディエーターだと言っていたからです。この映画は昔一度
見たことがあるのですが、そんなに言うほどいい映画だったっけ?と思い
(記憶力に全く自信がないんです(^^;)、久しぶりに古いDVDを引っ張り出して
見てみました。
子供を持つ親になってからこれを見ると、本当に重い映画なんだということに
気づかされます。一度見てあらすじを知っているにも関わらず、終始
泣きそうになるか、息が詰まるようで苦しくて仕方ないかのどちらかでした。
昔見た時と比べると、例えば主人公の妻子が殺されてしまうシーンで
その悲しさのリアリティーが大幅にリアルに感じられるのはもちろんのこと、
愛に飢えたコモドゥス、息子が殺されるかもしれない状況で仕方なく裏切ることを
選ぶルシラなど、様々なシーンでより強くその辛さに胸を打たれました。
この映画はさすがDreamWorksと言うべきか、この映画について語ろうとすれば
あらすじを細かく追っていかなければならないかというほど様々なメッセージが
込められています。忠誠心を持った男が復習を果たすという、それだけの映画では
決してありません。
人はどうあるべきか、社会はどうあるべきか、目の前の問題に直面したときに
自分はどういった行動をとるべきか、自分に何ができるのか、世の中にどういう
問題があるのか、その原因は何か、人々が本当に求めているものは何か、
人を導くにはどうすればよいか、何が正しく何が悪なのか、1度だけ与えられた
人生を如何に生きるか…挙げればキリがありませんが、こういった、
生きていく上で誰もが直面する様々な疑問に対するヒントが、作品の至る所に
ちりばめられています。
古い映画について今更こんなことを書くのも何ですが、文句なしに良くできた
映画だと言えるでしょう。お勧めです。

自動音場補正について #2 心地よい周波数バランス

第二回の今回は、測定した音響特性を使ってより心地よい音質を得る方法を
紹介したいと思います。
前回の自動音場補正によって、ほぼフラットな周波数特性を得ることがきました。
しかし、この状態(リスニングポジションで周波数特性がフラット)で音楽を
再生すると、かなり高音がきつく感じられます。
実は、聴く音楽にもよりますがリスニングポジションにおいては、~2kHzまでが
フラット、そこから少しずつ減衰し、20kHzで-6db~-10dbになるような
周波数特性が理想とされています。CDを作る側のエンジニアもこれに合わせて
調節をしていますので、リスニング環境でもこれに即した周波数特性を
作ったほうが、心地よい周波数特性を得ることができます。
Frieve Audio M-Classを使う場合は、イコライザ機能を使ってこれを
実現することができます。イコライザ画面のMasterにて、シェルビングEQを使い
例えば20kHzで-9dbになるような特性を作成します。

20kHzで-9dbになるようにイコライザを設定する
これでハイ上がりではない、心地よい周波数バランスを作ることができました。
個人的な経験から言うと、クラシック、ジャズなどは20kHzで-9db程度までしっかり
高域を落としたほうが、ロック、ポップスなどでは20kHzで-3db程度にしたり、
ほとんどフラットのままの方が良好な音質が得られるような気がします(ポップス、
ロックの場合はしっかりとした低域が出るスピーカーでミックスされていない場合も
多く、周波数特性をフラットにするとアーティスト、アルバムによっては逆に低域が
出すぎる場合もあります。このような場合は同様にして低域を削ります)。
周波数特性のバランスに関してはこれにとらわれず、自分に合わせて心地よい
音が得られるまでマスターのイコライザをいじり倒すというのも一つの手です。
自動音場補正を行っていない状態で慣れないイコライザを触ったのでは、ピークを
潰したつもりが変なディップを作ってしまうなど、あちらを立てればこちらが
立たず、泥沼にはまってしまいがちです。
しかし、一旦自動音場補正によって周波数特性にピークやディップがなくなり、
左右均等になったところからのイコライジングであれば、素人でも思いのほか
意図通りにイコライジングできるものです(逆にイコライザの設定を変更しても、
バランスが変わるだけでイヤな音質的変化が全く出ないことに驚かれるかも
しれません)。ここでのポイントは、普段よく聴くジャンルの音楽を長時間聴いても
疲れないバランスにすることです。
次回はFrieve Audio M-Classにおける自動音場補正のパラメータ調節方法に
ついて解説します。

自動音場補正について #1 自動音場補正のメリット

今回は第一回ということで、ごく基本的な自動音場補正のメリットについて
解説したいと思います。
私が新居に引越してきて、何も考えずにスピーカーをポンと置き、Frieve Audioで
測定した周波数特性はこんな感じです。

左チャンネル

右チャンネル
Kappa 9.2i(愛用のスピーカー)のスペックなりにはフラットに見えますが、
基本的に壁からすぐのところに設置、特に右のスピーカーは部屋のコーナーと、
スピーカーのマニュアルに書いてある設置条件(前後左右1mは壁から離さなければ
ならない)からかなりかけ離れていることもあってか、周波数特性はそれなりに
暴れているのがわかります(これは測定機材、マイクの周波数特性も入ってしまって
いますが、まずは簡単のためこのまま話を進めます)。さらに、左右チャンネル間の
周波数特性にもかなりの差があります(特に低域)。
測定した周波数特性を元に、Frieve Audio M-Classで自動周波数特性
補正をすると、周波数特性をほぼフラットにすることができます(Frieve Audio
M-Classの音響特性補正結果の測定機能を使用。平滑化50、終端50で
35Hz~12kHzを補正)。

左チャンネル

右チャンネル
周波数特性がフラットになるとどのように音がよくなるかというと、まず自然で角の
立たない聞きやすい音になります。今まで聞こえなかった音が聞こえ、より音場が
感じられるようになり、定位もはっきりとします。
人間の耳は、
(1).周波数に対して直線的にエネルギーが減衰する音を心地よく感じる
(2).周りの周波数と比較して音圧が高い周波数があると、その周りの周波数の音が
  マスクされる(周りの周波数と比較して音圧の高い周波数のみがよく聞こえる)
という性質を持っています。
周波数特性が暴れたままだと、(1)の条件が満たされていないことになり、人間に
とって心地よくない音になってしまいます。再生するCDなどの音源は、製作過程で
エンジニアにより周波数に対してエネルギーが直線的に減衰するように調節されて
いますので、再生系でもできるだけ周波数特性をフラットにしてやることにより、
エンジニアの意図した心地よい周波数バランスを再現することができます。
また、周波数特性が暴れたままだと、周波数特性にピークのある周波数の音のみが
よく聞こえ、その周りの周波数の音は聞き取り辛くなってしまいます。周波数特性が
フラットになっていると、(2)による音のマスキングが起こりにくくなるため、
細かい音までよく聞こえるようになります。結果として、微小な残響などがよく
聞こえるようになり音場感が向上するなどします。
また、左右の周波数特性が同一でないと、周波数によって音が右側に寄ったり、
左側に寄ったりということが起こります。結果として、音の定位があいまいに
なります(例えばボーカルが左右のスピーカーの間の1点に定位せず、微妙に
左右に広がってぼやけて聞こえます)。周波数特性を左右ともフラットにして
揃えてやる事で、どの周波数においても左右のスピーカーから聞こえる音量が
同一になり、定位のぶれがなくなります。
これまでこのようなフラットな周波数特性を得るには、元々音響特性を考慮した
部屋の設計を行ったり、周波数特性測定器による測定結果を元に、スピーカーの
位置(壁からの距離、高さ、左右の間隔など)を調節したり、
トーンコントロールやイコライザで補正するという作業が必要でした。
しかし、これには多くの労力が必要なため、ここまでやるのは一部の
マニアくらいで、また、たとえ時間をかけて調節したとしても、完全な補正を
行うことはできませんでした。リスニングルームの周波数特性は様々な条件で
簡単に変化してしまうため、部屋のレイアウトや機材類の配置換えなどのたびに
周波数特性をそろえる作業を行わなければなりませんでした。
今では音響特性の自動測定が一般的になってきたことで、誰もが気軽に完全に
調節されたフラットな周波数特性とその恩恵を得ることができるようになりました。
これこそが自動音場補正最大のメリットだと言えます。
こんなに便利な自動音場補正ですが、正確な自動音場補正を行うためには
それなりのノウハウが必要ですし、リスニングポイントで完全にフラットな
周波数特性を作ってしまうと、ハイ上がりに聞こえてしまったりします。
次回からは、自動音場補正を使ってよりよい音を得るために、このあたりの
ノウハウを1つずつ紹介していく予定です。