Category Archives: 子育て

オートロックゲート

7ヶ月にも関わらず1歳児の平均身長、体重を超えているうちの子にもついに
ハイハイの前兆が見られ始めたので、不慮の事故を防ぐためにもリビングから
階段に通じる部分を塞ぐゲートを購入しました。

木のオートロックゲート
残る問題はこの間リビングに設置した六角シェルフ。やはり、このままでは
荒らされ放題でしょうか(^^; それとも、意外と女の子なら大丈夫かな?

友人宅訪問

今日は娘を連れて、2ヶ月半違いで生まれた子供がいる会社の同期の家に
遊びに行ってきました。
子供がある程度の大きさになるまではどうしても子供のことばかりに
なってしまいがちな日常の中で、同じくらいの子供を育てる仲間と遊ぶというのは
単に仲間と会って話して楽しいだけでなく、どこかに遊びにいくほど疲れず、
お互い子育てに参考になる話もできたり、子供にとってもいい刺激に
なったりなんかして、とてもいいんですよね。
やっぱりはじめての子育てというのは分からないことだらけ。今はWebや
雑誌などの情報源も多く、子育ての過程で直面する問題もたいていのことは
自分たちで解決できる時代ではあると思います。それでも、やっぱり実際の体験を
人と話して得られることも結構多かったりして。毎回、こうすればいいのか、
次はこういうことを試してみよう、という新しい発見があります。
今はまだまだ6ヶ月なので、せいぜい一人でおもちゃで遊ぶくらいですが、
そのうち大きくなったら子供同士で遊ぶ姿も見れるのでしょうか。

KAWAI ミニグランドピアノ

子供の頃、面白かったおもちゃとして印象に残っているものの一つに小さい
ピアノがあります。子供の指でもギリギリ押せるかという小さい鍵盤で、
鍵盤数も少ないし、黒鍵は実際にはなく、白鍵の上に色が塗ってあるだけ。
僕が今音楽を作る立場から楽しめているのも、子供の頃培った音感とかに
よるところが大きいわけですが、これは3歳から習い始めたピアノの影響が
一番大きいにしても、あの小さいピアノによるところも少なからずあったのでは?
と思っていたりもします。
自分が買ってもらって嬉しかったものは、自分の子供にも買ってあげたく
なるものなのか、前々からこのミニピアノの存在はかなり気になっていました。
で、今日お店に入ったところで衝動的に買ってしまったわけです(^^;
KAWAI ミニグランドピアノ 1102

対象年齢3歳~ということで、対象年齢の枠に入るのはまだまだ先です。。
今は単に目の前で弾いて見せたり、適当に鍵盤をたたいて遊ばせたりという
レベルです。まあ、最終的に気に入ってくれるかどうかは、賭けみたいな
もんですけど(笑)。赤ちゃん用のおもちゃって結局みんなそうなんですよね(^^;

プーさんのお座りドーナツジム

娘に何かおもちゃを買い与えたい!しかし、もうすぐ引っ越すしややこしくなる!
と、なかなか購入に踏み切れずにいたプレイジム。6ヶ月になってようやく
購入にいたりました。

早速娘を真ん中に座らせてみましたが、反応はいまひとつ(泣)。あんまり
おもちゃに慣れてないというのもあるだろうし、これからに期待でしょうか(^^;

お勧め子守唄

ずばり、「童神」です。GoogleでもYahooでも検索したら最初に出てきます。
有名な曲なのでよく知ってる人も多いと思いますが、少なくとも僕達二人は最初
ノーマークでした(聞いたことはあるし、一応知ってはいたんですけど)。
が、この間の石垣島旅行で行った民謡酒場でこの曲を沖縄方言バージョンで
じっくり聞かされて、改めてその音楽としての良さに感動。これがキッカケで次に
カラオケに行った時、妻がふとこれを歌ってそこで初めて歌詞の意味を知り
(これまで聞いていた沖縄方言版では意味不明だったんです…)さらに大感動!
母親の、我が子に対する溢れんばかりの愛を歌った曲だったんですね。。
温かく、やさしく包み込むようなメロディーにこの歌詞は反則!妻が初めて
カラオケで歌ったとき、二人で泣いてしまいそうになったのを覚えています。
オリジナルは古謝美佐子さんが1997年に初孫が生まれたときに作ったのだそう。
(↓より引用)
www.kojamisako.com/koja_pages/information.html
今は花*花や夏川りみにもカバーされていて、カラオケで歌えるのは花*花
バージョンです。+5くらいキーを上げて、沖縄民謡よろしく裏声をうまく使って
やさしく、かつ力強く歌うのがお勧めです。比較的新しい曲なのに、すごく昔から
ある名曲のように聞こえるから、不思議ですね。