Category Archives: 白物家電

SHARPのFAX、UX-F50CWレビュー

忙しい日が続いていたため、久しぶりの更新です。
またしばらく買い物&レビュー日記になってしまうかもしれません(^^;
今回購入したのはSharpのFAX、UX-F50CWです。
http://www.sharp.co.jp/products/uxf50cl/index.html
前から使っていた黒いFAXはせっかく全体的に白くした新居に合わないこと
限りなくずっと気になっていたので、今回は念願の買い替えです。

左=親機、右=子機
このFAXのいいところは、何と言ってもその売り文句通り「しまえるトレイ」
です。基本的にできるだけ生活感を出さないインテリアが好きなので、
台の上などにポンとFAXが置いてあって目立つというのはあんまりやりたくない、
かといって例えば棚の中などに入れようとすると、普通紙を給紙するための
トレイの高さが邪魔をして、棚の中で高さ方向にスペースを取ってしまうのです。
今時ほとんど書類のやり取りはメールですし、普段滅多にFAXを送ることも
受けることもない、それならいっそ電話にするという選択肢も考えました。
ただの電話なら、インテリアショップで扱っているものまで含めるとかなり
いい感じのものもあります。しかし中には未だにFAXしか受け付けてくれない
ところも多く、意外といざ必要な時に使えないということになってしまうのです
(普段FAXをあまり使わない人間にとってはすっかり負の遺産化してますね…)。
というわけで、家電量販店で店員さんに、普段はトレイをはずしておいて必要な
時だけ(トレイ無しで)手差しで印刷できる機種は無いのかと聞いてみました。
結果はやはり基本的にトレイは付けておかなければならないものらしく、
トレイがしまえるこの機種をお勧めされました。
この機種なら、必要なときだけトレイを引き出して給紙することができますし、
普段は給紙部が完全に隠れてしまうこのデザインはインテリア的にもかなり
点数が高いのではないかと思います(たとえ他の機種でトレイ無しで給紙が
出来たとしても、給紙部が丸出しになってしまうわけなので)。
その他の細かい使い勝手は、大して他の機種と比較したわけでもないので何とも
言えません。ただ、留守電、ナンバーディスプレイ対応、子機でも親機でも
電話帳が使える、FAXは画面で内容を確認してから印刷できる、など、一通りの
機能は揃っています。家庭で使うには申し分ない仕様だと思います。ちなみに
買値は…2万円台だったと思います(大分前に買ったのであまりよく覚えてない)。
普通の電話、FAXの価格は本当にこなれましたね!
何はさておき、とにかく見た目が前に使っていたFAXよりずいぶん良くなったので
それだけでもう大満足です。
ところで、このFAXを買うときに1つだけ迷った機種があります。それは、
Panasonicのどこでもドアホン VL-SW105Kです。
新居にも当然ドアホンはついているのですが、家の1箇所からしか出ることが
できずとても不便を感じていたのです。ですからこのドアホンと電話のセットは
給紙トレイのことを差し置いてもかなり魅力的に映りました。ただ、やはり
インテリア的なところを考えると本体も子機もデザインがイマイチだったり、
新居に最初から付けた新品のドアホンを早速入れ替えるのは環境的にどうなのかと
言うのもあって、結局Sharpの機種に軍配が上がりました。
既に機能的に洗練されているカテゴリーの製品というのは、何か今までに無い
ちょっとした工夫が大事です。それと同時に生活に馴染んでいてあまり存在を
意識したいものでなくなっていることもあってデザインがとても
重要なんですよね。時計なんてその最たるものだと思います。
そういう意味では、大手家電メーカーには今後デザインを特に重視した
炊飯器、電気ポットはもちろん、スピーカーなんかも色々と出して欲しいですね
(Frieve Audioとか作ってる私が言うのもおかしな話ですが)。そういえば最近
ブレイク気味のNespressoも、使い勝手はもちろんデザインで普及したところも
大きいと思います。ちなみにNespressoは1号機を購入して数年、未だ愛用中です。

SANYO 食洗機 DW-SX2600(W)レビュー

核家族で子育てとなるとどうしても忙しくなり、少しでも家事の時間を節約できる
家電はとてもありがたいものです。我が家でも、引越しにあわせて食洗機を
導入することにしました。私たちが選んだのは、SANYOのほそピタ。
DW-SX2600(W)
家を建てる時はシステムキッチンのオプションとして用意されている
ビルトインタイプにしようと考えていたのですが、そういうのって見た目は
いいんですけど機能の割りに市販品の3倍くらい高いし、今度の家は長く
住むことになりそうだから、いざ最新型の食洗機が発売されたとき、いちいち
工事(たぶんそんなに大げさにはならないんだろうとは思いますが…)をして
取り替えるのもイヤだし、やっぱり最新型でも市販品とビルトインタイプの間には
それなりの価格差があるんだろうな…とか考えると、やっぱり市販品の方が
いいのかなーなんて思ったりして、結局市販品を後付けすることにしたのです。
ほそピタは、一般的なキッチンというよりは、どちらかというと特殊な形の
キッチンにマッチするように考えられた隙間商売の商品なんだろうと思います。
僕たちの場合、今回家を作るにあたって最初から食器洗い機を置こうという方向で
考えていたので、食器洗い機を置く専用のスペース(85cm2)が作ってあります。
そのスペースは他の部屋との兼ね合いもあり結構奥行きがあるので、それなら
奥行き方向が有効に使えるこの機種にしよう、ということになったわけです。
どちらかというとスペース効率で選んだわけですが、果たしてどのくらいの
洗浄能力があるものなのか…???
まず、設置です。今回このほそピタは、最安値近くの値段を出している
ネットショップから通信販売で購入し、それにオプションの設置工事を付ける、
という形をとりました。元々私の中の計画では、キッチンのシンク下に来ている
お湯の水道管から分岐して設置してもらえると、見た目的にもスッキリして
いいな、と考えていたのですが、ネットショップが手配してくれた業者さんでは
水道の蛇口から分岐するという一般的な設置工事しか出来ないとのこと…。
長く使うのに見栄えが悪いのは勘弁…ということで、この工事はキャンセルし
(設置工事代金とこの日の下見料3000円はどぶに捨てた形です(泣))、別途
水道屋さんに食洗機用の蛇口を取り付けてもらうことにしました。最初から家を
建てる時に食器洗い機用の蛇口を取り付けておいたらよかったんですね(^^;
さて、水道屋さんには当初予定していたとおり、キッチンのシンク下から
分岐して食器洗い機用の蛇口をつけてもらうことができました。この蛇口さえ
あればあとの設置は簡単なもので、これなら買い替えもスムーズにできそうです。
かかった費用は、キッチンのシンク下からの分岐、水道管代、食器洗い機用の
蛇口まで水道管を通す際の穴空けなどの作業代を含めて26000円程度でした。
一般的な設置工事では、設置屋さんに来てもらう基本料金が10000円くらい、
分岐水栓のパーツ代がやはり10000円~20000円かかるため、結局どちらにしても
本体代+2~3万円の料金がかかることになります。
水道屋さんに工事を依頼するなど、多少面倒にはなりますが、個人的にはやはり
水道工事をお勧めしたいと思います(もちろん、賃貸の場合は後の復旧が
大変&壁に穴を開けるにはいかないため水栓分岐になると思います)。

さて、その夜には早速試運転。食器洗い機初心者なので、マニュアルを見ながら
食器類をセット。とりあえずまだ手元に専用洗剤がないので、台所洗剤モードで
洗います。
洗い上がりまでは意外と時間がかかるし、数年前の洗濯機(昔の洗濯機から
比べると随分静かだが、それでもそれなりに音はする)のような音もしますが、
それは分かっていたことですし、やっぱり放っておけば洗いあがるというのが
子育て中の夫婦にはありがたいです。夕食を食べて、その後子供といっしょに
お風呂に入るタイミングで回しておくのが丁度いいかな?
不満があるとすれば、やはり一度に洗える食器の量でしょうか。6人用、と
ありますが、そんなのはマニュアルにあるようなフラットな丸皿、浅い茶碗などを
組み合わせた&食器点数の少ないかなり寂しい食卓の場合のみで、実使用上は
2人用
というのが妥当なところだと思います。まあ、これは国内大手のどの
メーカーのどの機種にも言えることではありますが…。
ヤマギワリビナに行くと大型の食洗機が置いてあり、こちらは容量で3倍~5倍は
あろうという食洗機が8人~10人用として売っています(妥当な表示)。買う前に
見てはいたのですが、こっちにしておけばよかったかな…と少し後悔も。
次に買い換えるならこういう大型のを狙おうと思います。
とはいえ、やはりあるとないとでは大違い。面倒な洗い物が下洗いや食器棚への
片付けを入れても半分くらいの時間で済むようになるのは大きなメリットです。
その後は食器洗い機専用洗剤も購入し、我が家のほそピタは毎日のように
活躍しています。一応下洗いでこびりつき程度は落としてから洗っていますが、
洗い上がりに不満はありません。ただ、冬場だとどうしても気温が低いせいか、
標準の20分乾燥ではほとんど乾ききらず、60分乾燥にする必要があります。
それにしても最近の冷蔵庫は全然腐らないし、電子レンジはいろんな調理が
できる上に温度設定すればワット数とか時間とか気にしなくていいし、エアコンも
なんだかよく分からないけど快適になった気がするし(?)、最近の白物家電の
進化には本当に驚かされるものがありますね!

Nationalエアコン CS-X716A2Sレビュー

ようやくリビングにエアコンがつきました。この極寒の季節にエアコンはない、
アンテナもなくてテレビも写らない、片付かないダンボールは転がりまくりと、
ほとんど物置状態になっていたリビングですが、これでようやく人の住む部屋に
なった気がします。
新居のリビングは、今までのマンションより一回り広い程度ではあるのですが、
マンションと比べると機密性も低めだろうし、オープンなので、キッチンは
もちろん廊下や階段、そこを通して他の階にもつながっちゃってるので、
思い切って一番強力な機種にしました。

CS-X716A2S
このあたりの白物家電は、家電量販店で買うと設置までまとめて手配してくれて
とても楽なのですが、やはりポイントを入れてもネット価格とじゃ数万円の差に
なってしまうので、最近ではネット通販でモノを買い、専用の業者に設置工事を
頼むようにしています。専用業者を自分で手配しなければいけない分面倒な
程度ですし、設置料金は量販店で頼んでも同くらいかかります。
冷房7kW、暖房8kWで、今話題の(?)フィルタお掃除機能のついた機種です。
ちょっとだけ使ってみてまず気になったのは、意外と動作音がうるさい事。
引越し前から引き続き使っているダイキンのうるさら(6畳用)と比べると、
換気、あらゆる箇所を静音に設定しても結構な風量で音が気になります。
これは8kWだからなのでしょうか…?
さらに、このエアコンは時々休憩します。前から使っているうるさらは
全く休憩しないので(多分)、なんとなく気になってしまいます。運転中ずっと
同じようなノイズが出ていると、多少うるさくても存在を忘れることが
できるのですが、出てくるノイズが時々変わるとどうしても気になって
しまうんですよね…。そういえば昔実家で使っていたエアコンも、やはり時々
休憩しながら動いていたような?(霜取りだったかな?)。マニュアルもろくに
読まずに書くのもなんですが、何か理由があるんでしょうね(^^;
さて、この機種1番のウリであるフィルタお掃除機能については、電源を切った
タイミングで「パトロール」などと表示され、フィルタ掃除のような動作を
行っているのが見えます(違ったりして)。これまた静かな掃除機並みの
音がする&いつになっても終わらない?ので、騒音が嫌いな僕は途中で切って
しまいました。たまにはじっと我慢して動かしておかないとフィルタ自動
お掃除機能の意味がないですね(^^;
それでもやはりエアコンのフィルタ掃除問題というのは本当に厄介なので
(今回の引越しでも、2年ほど使ったエアコン2台の分解掃除で数万円を
取られました…)、長い目で見ればきっといい選択だったね、ということに
なるのではないかと期待しています。
今日はよりによってここ最近じゃ一番暖かいので(^^; 一番重要な
冷暖房能力についてはまだまだはかりきれないところがありますが(さすがに
最近のエアコンならどれでも問題ないレベルだろうと思っています)、これから
まだまだ冬の寒さが続く中、大活躍してくれることと思います。

National洗濯機 NA-VR1000レビュー

僕が就職してからずっと使っていた6年物の洗濯機。引越しのついでに乾燥も
できる最新式のに買い換えよう!ということで、引越してからネット注文
しました。これが意外に納期がかかり、今日ようやく納品となりました。
一人で設置するつもりが、あまりの重さに家内と二人がかりで結構必死に
設置することになってしまいました。玄関と同じフロアじゃなきゃ自分たちでの
設置はほぼ不可能ですね、これ。

NA-VR1000
静かだし、おまかせコースで放っておけば乾燥までしてくれます(乾燥には
2時間半くらいかかるけど)。乾燥6kgって、どのくらい洗えるんだろう?と
心配していたのですが、結構押し込まずに入る限界まで入れて6kg(十分)
でした。菌もニオイも落とすとのことで、乾燥仕上がりが天日干ししたような
カラっとした感じになるのもうれしいです。
あと買った後に気づいたのですが、この機種については、使用水量が従来機種の
半分になった分、排水に流れる水量が減ってニオイが気になるのだとか。
言われてみれば確かに排水口っぽいニオイがとても強いような気もするし、
でも今まで使っていた洗濯機だってそんなニオイがしていたような気もするし…。
とりあえず、うちでは使用水量を増やすために(節水の意味なし(^^;)すすぎを
注水すすぎ(水を垂れ流しながらすすぐモード。普通のすすぎでは水をためて
その水ですすぐ)にして様子を見ることにしました。