Monthly Archives: March 2006

近所で植物購入

近所になかなかセンスのいい植物を置いているお店があったのですが、
どうも植物屋さんではなさそうだったので、なんだあれは売り物じゃないのか…
と、これまではスルーしていました。
ところがこの間お店の外からよくよく見てみると、その植物に値段が
付いているのを発見!リビングもまだまだ寂しいし、ちょうど何かもう少し植物を
置きたいな、と考えていたこともあり、さっそく妻とお店に入って吟味しました。
どれもいい感じなので迷っていたところ、奥からご主人が出てきて細かく、そして
とても楽しそうに売っている植物や手入れの方法などについて教えてくれました。
雰囲気から察するに、本業の傍らご主人の趣味兼副業として植物をお店に置いて
売っているのだろうと思います。
散々迷った挙句購入したのが、この2鉢。

とはいっても、実質買ったのは1鉢で、もう1鉢は散々迷っている間に「何なら
こちらはお付けしますよ!」とサービスしてくれたものです。ラッキー!…でも
いくら本業ではないとはいえ、こんなにアバウトで大丈夫なのかという気も(^^;
2つ並べて置くと寄せ植えみたいでなかなかいい感じです。

お風呂で音楽を聴く

うちのお風呂は、言ってしまえば賃貸マンションに付いていそうな、何の変哲も
ないユニットバスですが、一つだけ変わっているところがあります。お風呂の
天井にスピーカーが付いている点です。

これは、ヤマハリビングテック製のアクアソニックで、同社のシステムバスの
オプションとして選択できるものです。
基本的な使い方としては、浴室の外に据え付けられた入力ボックスの端子と
ポータブルプレイヤーやラジカセの音声出力端子を接続し、再生。お風呂の中では
ボリュームや低音の量が調節でき、リモコン信号を学習させることで
早送りや巻き戻しなどの操作を行わせることもできます。

と、音楽好きにはちょっと嬉しいアクアソニックですが、これがいざ
使い始めてみると不満続出!
まず、入力ボックスが浴室外のパウダールームの見える場所にあるため、常に
ポータブルプレイヤーなどを接続しておいたのでは美観を損ねてしまいます。
となると、結局毎回接続する必要が出てくるわけで、そうなるともう面倒で、
よほど今買ってきたCDを聞きたいんだけど明日の朝も早いし時間がない、など
限られた条件でない限りわざわざ接続して聞こうともしなくなってしまいます。
では、浴室用にiPod系のデバイスを買い、壁に埋め込んでしまってはどうか。
これは良い解決策のような気もしましたが、いざやるとなると、iPodにあわせて
壁をくりぬかなければならない、楽曲更新のためにはUSBケーブルをリビングなど
パソコンのある部屋まで延長して接続しておかなければならない、Wav
ファイルでは容量が足りずすべての曲が入りきらないので圧縮音源にする必要が
ある、将来もっといいプレイヤーが出てそれに買い換えたい時に
くりぬいてしまった壁はどうするのか?など、気になる点が山のようにあります。
色々考えた結果、とりあえず古いノートPCを浴室天井裏に設置し、これをリモート
デスクトップで操作して、ネットワーク越しのハードディスクから
Frieve Audioで好きな楽曲を再生できるようにすることにしました。
さて、アクアソニックのアンプは通常浴室の天井裏に設置されているのですが、
入力端子はピンかと思いきや、8pinの専用ケーブルでないと接続できない、しかも
この専用ケーブルはオプションで購入手続きが面倒、さらにそれなりに高価という
どうしようもない仕様。。仕方が無いので、少しだけ工作をすることに。
具体的には、片方がステレオミニプラグになっているケーブルを、浴室外にある
入力ボックスの裏側の、入力端子と繋がっている箇所にハンダ付けします。
こんなことをしなくても8pinのうちのどこかに普通に音声信号が流れているのかも
しれませんが、予想に反して入力ボックス側にも少し回路が実装されていたので、
時間の節約と安全を取る意味でこういった方法を取りました。
あとは浴室天井裏にあるハブにリモートデスクトップを使えるようにしたPCを
繋ぎ、入力ボックスに通じるステレオミニプラグをヘッドフォン出力端子に挿し、
Frieve Audioをインストールし、多少の設定を行って完成です。
実際に使うときには、お風呂に入る前に浴室天井裏のPCにアクセスして、
Frieve Audioから楽曲を再生します。一見面倒そうに見えますが、元々うちでは
ほとんど常時ノートパソコンが起動していて、リビングPCのリモコン代わりに
使ったりなどしているので、それほど面倒でもありません。
一番面倒なのはリモートデスクトップに接続するところで(それも相手のPCを
指定するだけです)、それ以外は、例えばFrieve Audioは起動しっぱなしな
わけですし(このPCはお風呂での音楽再生以外の用途には使わないので)、
接続したらすぐに楽曲の選択作業に入れます。楽曲はネットワーク上のHDDに
すべてWavファイルで取り込んでありますから音質的にはiPodなどより有利、
もちろん聴く楽曲は最近のハードディスクオーディオのように何千曲の中から
簡単に選択できます。
この環境になって以降は、ほぼ毎日のようにお風呂で音楽を聴くように
なりました。ぼーっと考え事をするのもいいけど、音楽を聴きながら
リラックスするのもいいものです。退屈だからかお風呂を嫌がることも多い娘も、
音楽が流れていると比較的落ち着いているような気が…?
最後に残った不満は、やはり音質でしょうか(^^; 部屋としてのユニットバスの
響きは、今までのマンションのユニットバスと比べても控えめで乾いた響きで
いい感じなのですが、いかんせんスピーカーの音質が悪い(死)。
アクアソニックの音質を一言で表すとすれば、ラジカセ並。歪が大きいのか
全体的にざらざらで乾いた音。音場は、左右のスピーカーの位置がはっきり
認識できるほどで問題外。低域はBASSをMAXにしても不足で、周波数特性はかなり
デコボコしてる様子。最初にアクアソニックの音を聞いたときは、妻も開口一番、
「しょぼい音だね」と言っていました(^^;
よくある小型のお風呂用スピーカーと比べたらマシなのは間違いないとは
思いますが、ヤマハの製品だと思って音質に期待して購入すると
(アクアソニック自体それなりの値段がついているわけだし…)、
がっかりすることになるかもしれません(個人的には、カローラ程度の車に
ついているカーオーディオ+浴室の響きくらいの音質を期待していました)。
ビルトインのスピーカーとなるとやはりそれなりに長く付き合っていくことに
なるわけで、そう考えるとショックもひとしおです。防水が必要&浴室の
天井という悪条件の上での音質なので、仕方ないのかもしれませんが…。
とはいえ、ユニットバスに手軽にスピーカーを設置できるという選択肢を
与えてくれたヤマハリビングテックには素直にエールを送りたいと思います。
この選択肢が無ければ、そもそもお風呂にスピーカーを持ってこようとは
思わなかったはずですので。今後の音質改善に期待です。ついでに
DLNA対応もお願いします(^^;

ケーブルテレビ開通

引っ越してから1ヶ月と10日、あれからトリノが終わり、WBCも終わったところで
ようやくケーブルテレビが開通です。。
今巷ではIPTVが騒がれていますが(?)こうして久しぶりにテレビを見てみると、
既にこれだけの高ビットレートで、常に新しいリッチなコンテンツが
垂れ流されているテレビというのはすごい、やっぱり歴史が長いだけのことは
あるな…と感心させられます(^^;

表札が付く

東急ハンズで注文していた表札が完成、ようやく我が家に表札が付きました。

実は注文していた表札は2週間ほど前に一旦表札は完成していたのですが、なんと
取り付け位置の5m手前で落として割ってしまい(←ドジ)、泣く泣く同じものを
再注文していたのでした…。
2枚目の注文を不思議に思った店員さんに聞かれて事情を話すと、業者さんの
計らいで2枚目の値段を大幅に値引いてもらえました!多謝!(T-T)

ホームカラオケ導入

うちには昨日から妻の友人夫婦が遊びに来ています。今日はみんなでカラオケに
行こうと思っていたのですが、食事をして買い物をしていたらもう結構な時間が
過ぎてしまっていました。子供がいるとおっぱいやオムツ、疲れの関係上外を
出歩ける時間も限られているので、カラオケを諦めて家に帰ることに。
実は、元々新居では音楽室でカラオケもできるようにしようという計画が
ありました。今回カラオケにいけず残念という気持ちもあり、この機会に音楽室で
カラオケできるようにしてしまおうと、家に帰った僕はホームカラオケシステムの
構築に取り掛かりました。
まずは以前使っていたため既に購入した曲データが大量に残っている、「カラOK」
というカラオケソフトを探してみました。が、見つからず…。既にサービス
終了済み?それとも、名前が変わってしまったのでしょうか???
あれこれ調べているうちに、今世の中にはかなりたくさんのインターネット
カラオケが存在することが分かりました。
BIGLOBE Music:カラオケ
http://music.biglobe.ne.jp/karaoke/index.html
こんなにあると逆に選ぶのを迷ってしまいますが、いくつかの条件を挙げて、
消去法で選んでいくことにしました。
・料金は、月1000円以下か、ダウンロード形なら1曲300円以下。
 元々僕たち夫婦は月に1回くらいはカラオケに行っていたわけなので、
月1000円かけても十分節約になるかな、と(^^; 従量制の300円以下は以前
使っていたカラOKからの基準です。今はインターネットカラオケも
競争激化のおかげか、ほとんどのサービスがこの条件を満たしているようです。
ダウンロード型では、1曲105円のところも。
・業務用のカラオケのように、歌と予約を平行して行える
 一般のPlayerソフトでなく、専用プレイヤー、かつ業務用カラオケ的な予約→
歌うという形が取れるものです。一部のソフトでは、1曲ずつ曲を選ぶ、歌う、
曲が終わってからまた曲を選ぶ、を繰り返さなくてはならず不便です。デュアル
ディスプレイで、片方歌詞画面、片方予約画面ができるものが理想的です。
・曲数が多い
 やはりマイナーな曲も歌えた方が嬉しいです。
・そこそこのクオリティー
 今はどうだか分かりませんが、昔は結構ひどいクオリティーのカラオケも
ありました。ある程度は視聴してそれなりのクオリティーがあるかどうか
調べます。今回動画には特にこだわりませんでした。
4つほどのカラオケソフトを試してみましたが、特に2番目の条件が厳しく、
最終的にはただ2番目の条件を満たすというだけの理由で、パソカラホーダイ
を選びました。月額630円で歌い放題、楽曲数は現時点で6500曲と一般の
業務用カラオケと比較すると致命的に少ないですが、1曲1曲の
クオリティーは視聴した限りではなかなかのようです。
カラオケソフトをインストールし、ユーザ登録し、後はデュアルディスプレイで、
歌詞が表示される方の画面のVGA出力をプロジェクターに接続して壁に投射。
数曲再生してテストの後は、マイクやエフェクタなどの設置を行い、部屋が実際に
カラオケできる環境になったのは約1時間後の夜8時近くになってからでした。
今からカラオケしまくり!といきたいところではあったのですが、いくら防音を
しているとはいえ、夜9時以降の音だしは気が引けるので、1時間限定で友達夫婦と
カラオケ大会をすることにしました。
普段カラオケボックスで出しているくらいの音量を出したところで、まずは家の
外に出てみて音漏れチェック。防音工事+さらに内窓設置の甲斐もあり、超低音が
わずかに漏れている以外はほとんど何も聞こえません。これなら深夜でも全然
OKではないだろうか?というほどで、新居の防音性能の高さにちょっと感激です
(この間ピアノで実験した時にはもう少し高音も聞こえていたような気が
したのですが…?あの後付けた重めのカーテンが結構高音に効いているのかも
しれません)。
パソカラホーダイは、やはり予約が行えるのがかなり快適で、ほとんど業務用
カラオケと変わらない感覚で歌えます。曲の予約はパソコンで行うため、
歌本とリモコンが1つしかないような形になるのは制約といえば制約ですが
(やりようによってはノートパソコンを使い、次に入れる曲を考えておく、
くらいのことはできる)自分が歌い終わった後、次の人が歌っている間に自分の
次の曲を予約するようにすれば喧嘩にならないというメリットも(笑)。

分かりにくいですが、上はプロジェクターで投射した歌詞画面。下の小さい画面が
歌う曲を検索して予約する画面です。
さらに自宅でのカラオケでは、手持ちのMIDI音源でカラオケのMIDIデータをより
高音質に再生したり、エフェクターで業務用カラオケよりもリッチなエコーを
かけたり、サブウーファー、モニタースピーカーなど手持ちのDTM機材をフルに
活用してハイクオリティーで楽しめるのもポイントです。音楽室にあるギターや
ピアノで、歌っている横から演奏に参加することすらできてしまいます。
たった1時間だけのカラオケではありましたが、自宅でこれだけのカラオケ大会が
開けたことに大満足でした。以前一人暮らしの頃マンションの中に防音室をDIYで
作り、そこで一人カラオケをしていたことがありますが、あれは1人用で狭く、
(0.5畳)、今回の快適さには程遠いものがありましたので…。
元々僕たち夫婦は2人だけでカラオケに行き、交代でフリータイムいっぱい
歌うくらいのカラオケ好きなので、月額630円は十分すぎるくらいに元が
取れそうです。人を呼んだときにタダでカラオケ大会が開けるのも嬉しいですね。
僕たち夫婦にとって、ホームカラオケはホームシアター導入時以上の
インパクトがあったかも知れません(^^;

妻の部屋、階段などにカーテンが付く

妻の部屋、階段などにケユカで注文していたカーテンがつきました。これで急を
要する部分には一通りカーテンが付いたことになり、ひとまずは一件落着といった
ところです。
通販雑誌でありがちな高床式畳収納が置いてある妻の部屋には、和風にも洋風にも
合いそうな紙製のブラインドを。2種類の紙がついており、オープン、レース、
遮光を自由に組み替えられるのがポイントです。

階段の小窓にはレースのカフェカーテンを。夜には真っ黒に見えていた窓の
部分が、これだけで随分落ち着いて見えるようになりました(^^;

そして、リビングと廊下、階段の間と、キッチンのリビング側のカウンター部分に
ロールスクリーンを。これは、ニオイの強い食材を使った料理の際にも家中に
ニオイが広がるのを防ぐのと、特に寒い日、暑い日などにリビングの
エアコン効率を上げるためです。

音楽室の配線をする

引っ越して1ヶ月ちょっと、ようやく音楽室の機材の配線をすることが
できました。引越しに伴って結構な数の機材を処分したこともあり(その直後に
今話題のPSE問題ですから、本当にいいタイミングだった(^^; )、いつになく
短時間で終わらせることができました。
早速一通り楽器を弾いてみたり、Frieve Audioで音楽を再生してみたり。
音楽室は防音にしたからか少し音が閉じ込められたような音がしますが、
大音量を出すためですから仕方ありません(^^; 過去に使っていた
ルームチューニング用の吸音材などが余っているので、またヒマな時にでも
壁や天井に貼り付けてみて対策を考えようと思います。

blogにしました

今更ですが、Frieve-A’s floorをblog形式にしました。
実は5年以上前から、ごく親しい友人知人にのみ公開していた日記があります。
なかなか一般に公開するとなるとこっぱずかしく、文章の体裁も気になる、
ということで、一般公開には踏み切らずにいました。一方、やっぱりどこかで
もっとたくさんの人に読んでもらいたいという気持ちもあり…。
そうこうする間に時は流れ、僕は結婚し、子供を持つ身となりました。こうなると
自動的にはずかしい日記もかけなくなるというもので(笑)、今の日記の
内容ならblogにしても問題ないかもしれないな?と思うようになりました。
そこで今回、Frieve-A’s floorのblog化に踏み切ったというわけです。
まずは既に書いている日記から、そのまま使えそうな記事を転載していく
ところから始めたいと思います。記事の日付が実際の日付に追いつくまでには
しばらく時間がかかるとは思いますし、Frieve-Aならではの記事?はなかなか
出てこないかとは思いますが、更新だけは頻繁にできると思います。Frieve-A’s
floorを皆さんのblogライフ?の1ページに加えていただければ幸いです。

フリーブ、ダウンする

昨日の夕食後、急に乗り物酔いしたような気持ち悪さに襲われ、胃も苦しく
なってきました。うっ、、おととい無理して夜中までDIYしていたせいで、
胃腸にきたかな?などとのんきに構えていると、大量の水便、そして派手に嘔吐!
おまけに寒気も…。
これはまずいかも…ということで、昨日はお風呂には入らず早めに寝ることに
しました。
あまりの気持ち悪さに全く寝付けず、夜中にもう一度嘔吐。気持ち悪さと寒気と
戦いながら翌日の今日の朝を迎えました。胃もかなりすっきりしたような気が
するものの、さすがに事実上1日以上食事を抜いた形になっているわけで、
体がだるい。。寒気も気になるので、念のため熱を測ってみると38度!
この日は大事な会議があったので、会議だけでも出社を…と思っていたのですが、
昨日から看病してくれている妻にさすがにこれは休んだほうがいいだろうと
説得され(^^; 会社には休みの電話を入れ、病院に行くことにしました。
さて、いざ病院に行こうにもまだ引っ越して間もないため、こういう時どこの
医者がいいのかが分かりません。ネットで調べるもピンとくる情報がなく、
結局妻がご近所さんに聞いて情報収集。教えてもらった近くの診療所へ
向かいました。この時代にも、ご近所の口コミは便利なものです(^^;
診療所までの道では、自分の体温が高いからか、ここはスキー場か?と思うほどの
寒気を感じました。。気温はそれほど低くなかったんですけどね。
診療所に着くと、幸い患者さんは僕だけで、すぐに見てもらうことができました。
結構新しい感じ&パソコンを駆使した診療システムで、なかなかの好印象です
(←ハイテク好き)。
「昨日の夜から下痢と嘔吐を繰り返しまして…今日になって熱も出てきて…」
などと、聞かれるがままに症状を話し、喉を見られ、おなかを触られ、聴診器を
あてられて出た結論が、
「割と典型的なウイルス性の胃腸炎ですね(^^)」
…世界のフリーブに対して割と典型的とはこれ如何に。
帝王病じゃ。(←バカ)
仕方なく(?)言われるがままに整腸剤と解熱剤を出してもらって家に帰りました
(←庶民)。それにしても久しぶりに派手に下痢&嘔吐したので結構びっくり
しました。後から聞くと大したことなくても、慣れない病気になるのは
怖いですね(^^;