お風呂で音楽を聴く

うちのお風呂は、言ってしまえば賃貸マンションに付いていそうな、何の変哲も
ないユニットバスですが、一つだけ変わっているところがあります。お風呂の
天井にスピーカーが付いている点です。

これは、ヤマハリビングテック製のアクアソニックで、同社のシステムバスの
オプションとして選択できるものです。
基本的な使い方としては、浴室の外に据え付けられた入力ボックスの端子と
ポータブルプレイヤーやラジカセの音声出力端子を接続し、再生。お風呂の中では
ボリュームや低音の量が調節でき、リモコン信号を学習させることで
早送りや巻き戻しなどの操作を行わせることもできます。

と、音楽好きにはちょっと嬉しいアクアソニックですが、これがいざ
使い始めてみると不満続出!
まず、入力ボックスが浴室外のパウダールームの見える場所にあるため、常に
ポータブルプレイヤーなどを接続しておいたのでは美観を損ねてしまいます。
となると、結局毎回接続する必要が出てくるわけで、そうなるともう面倒で、
よほど今買ってきたCDを聞きたいんだけど明日の朝も早いし時間がない、など
限られた条件でない限りわざわざ接続して聞こうともしなくなってしまいます。
では、浴室用にiPod系のデバイスを買い、壁に埋め込んでしまってはどうか。
これは良い解決策のような気もしましたが、いざやるとなると、iPodにあわせて
壁をくりぬかなければならない、楽曲更新のためにはUSBケーブルをリビングなど
パソコンのある部屋まで延長して接続しておかなければならない、Wav
ファイルでは容量が足りずすべての曲が入りきらないので圧縮音源にする必要が
ある、将来もっといいプレイヤーが出てそれに買い換えたい時に
くりぬいてしまった壁はどうするのか?など、気になる点が山のようにあります。
色々考えた結果、とりあえず古いノートPCを浴室天井裏に設置し、これをリモート
デスクトップで操作して、ネットワーク越しのハードディスクから
Frieve Audioで好きな楽曲を再生できるようにすることにしました。
さて、アクアソニックのアンプは通常浴室の天井裏に設置されているのですが、
入力端子はピンかと思いきや、8pinの専用ケーブルでないと接続できない、しかも
この専用ケーブルはオプションで購入手続きが面倒、さらにそれなりに高価という
どうしようもない仕様。。仕方が無いので、少しだけ工作をすることに。
具体的には、片方がステレオミニプラグになっているケーブルを、浴室外にある
入力ボックスの裏側の、入力端子と繋がっている箇所にハンダ付けします。
こんなことをしなくても8pinのうちのどこかに普通に音声信号が流れているのかも
しれませんが、予想に反して入力ボックス側にも少し回路が実装されていたので、
時間の節約と安全を取る意味でこういった方法を取りました。
あとは浴室天井裏にあるハブにリモートデスクトップを使えるようにしたPCを
繋ぎ、入力ボックスに通じるステレオミニプラグをヘッドフォン出力端子に挿し、
Frieve Audioをインストールし、多少の設定を行って完成です。
実際に使うときには、お風呂に入る前に浴室天井裏のPCにアクセスして、
Frieve Audioから楽曲を再生します。一見面倒そうに見えますが、元々うちでは
ほとんど常時ノートパソコンが起動していて、リビングPCのリモコン代わりに
使ったりなどしているので、それほど面倒でもありません。
一番面倒なのはリモートデスクトップに接続するところで(それも相手のPCを
指定するだけです)、それ以外は、例えばFrieve Audioは起動しっぱなしな
わけですし(このPCはお風呂での音楽再生以外の用途には使わないので)、
接続したらすぐに楽曲の選択作業に入れます。楽曲はネットワーク上のHDDに
すべてWavファイルで取り込んでありますから音質的にはiPodなどより有利、
もちろん聴く楽曲は最近のハードディスクオーディオのように何千曲の中から
簡単に選択できます。
この環境になって以降は、ほぼ毎日のようにお風呂で音楽を聴くように
なりました。ぼーっと考え事をするのもいいけど、音楽を聴きながら
リラックスするのもいいものです。退屈だからかお風呂を嫌がることも多い娘も、
音楽が流れていると比較的落ち着いているような気が…?
最後に残った不満は、やはり音質でしょうか(^^; 部屋としてのユニットバスの
響きは、今までのマンションのユニットバスと比べても控えめで乾いた響きで
いい感じなのですが、いかんせんスピーカーの音質が悪い(死)。
アクアソニックの音質を一言で表すとすれば、ラジカセ並。歪が大きいのか
全体的にざらざらで乾いた音。音場は、左右のスピーカーの位置がはっきり
認識できるほどで問題外。低域はBASSをMAXにしても不足で、周波数特性はかなり
デコボコしてる様子。最初にアクアソニックの音を聞いたときは、妻も開口一番、
「しょぼい音だね」と言っていました(^^;
よくある小型のお風呂用スピーカーと比べたらマシなのは間違いないとは
思いますが、ヤマハの製品だと思って音質に期待して購入すると
(アクアソニック自体それなりの値段がついているわけだし…)、
がっかりすることになるかもしれません(個人的には、カローラ程度の車に
ついているカーオーディオ+浴室の響きくらいの音質を期待していました)。
ビルトインのスピーカーとなるとやはりそれなりに長く付き合っていくことに
なるわけで、そう考えるとショックもひとしおです。防水が必要&浴室の
天井という悪条件の上での音質なので、仕方ないのかもしれませんが…。
とはいえ、ユニットバスに手軽にスピーカーを設置できるという選択肢を
与えてくれたヤマハリビングテックには素直にエールを送りたいと思います。
この選択肢が無ければ、そもそもお風呂にスピーカーを持ってこようとは
思わなかったはずですので。今後の音質改善に期待です。ついでに
DLNA対応もお願いします(^^;

One thought on “お風呂で音楽を聴く

  1. みどり

    接続には、どんな線を買えば良いのですか?
    ガスやさんに頼まなければいけませんか?

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


+ one = 2

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>