Frieve Editor Version 1.13

Frieve Editor Version 1.13の新機能をご紹介します。

・表現力の向上
 まず、カードの形に加えて、リンクの線も点線、破線など5パターンから選択できるようになりました。リンクの意味分類などのためにお使いいただけると思います。過去のプロジェクトのリンク線をまとめて新しい形に変更したい場合は、EditメニューのChange Shapeから、全てのリンクの形を一括して指定した形に変更することができます(カードの形も同様にまとめて変更できます)。
 次に、先頭1~2行分の本文をティッカー表示可能になりました。この機能を利用するには、ViewメニューのCardからTickerをチェックし、1 Lineもしくは2 Linesで先頭何行分の本文をティッカー表示するかを指定します。
 ティッカー表示はかなり目立つため常用には向きませんが、たくさんのカードの中にどんな内容を書いたのか分からなくなったときなど、一時的にティッカーをONにすると複数のカードの内容を同時に眺めることができます。
 これまで外部リンクで指定した画像ファイル(本文中に書かれた画像ファイル名)をカード内にサムネイル表示する機能がありましたが、今回のバージョンからは画像に加え、ビデオの表示にも対応しました。これもかなり目立つ上、ビデオのサイズによってはかなりのCPUパワーを要しますが、様々なビデオを一覧表示させることができ、新たな用途が広がるのではないのではないかと思います。ビデオファイルはmpg、aviに対応しており、ネット上のファイルをストリーミング再生することも可能です。
・見た目、視認性の向上
 今回のバージョンは使ってみてお分かりいただけるとおり、見た目に影響するところに色々と手が入っています。
 まず、カードについては、カードの影の描画と、カードを2段階の色で表示する簡易グラデーション表示が可能になりました。これらの機能はデフォルトでONになっており、それぞれViewメニューのCard、Shadow、GradationからON/OFFすることが可能です。
 リンクについては、基本サイズがやや太くなった上、縁取りの描画が可能になっています。縁取りについてはデフォルトではOFFですが、ViewメニューのLink、HemmingからON/OFFすることができます。
 Version 1.11から対応した壁紙を使った場合、壁紙の種類によってはカードやリンクが見づらくなることがありましたが、これらの機能によりそのような問題が起こりにくくなったと思います。各機能はONにするとそれぞれ少し描画のための負荷が高くなりますので、もし描画が重いと感じられた場合はこれらの機能をOFFにすることで以前のバージョンと同等まで改善することができます。
 その他、2倍、4倍のアンチエイリアスにも対応しました。アンチエイリアスを使うとかなり描画が遅くなるためあまりお勧めしませんが、使用するとよりブラウザの描画を滑らかにすることができます(ViewメニューのOthers)。
・その他
 これまで機能が割り当てられていなかったブラウザの右クリックメニューから各種編集が可能になりました。これにより、これまでショートカットを覚える必要があったような操作も、右クリックメニューから快適に行えるようになりました。
 フルスクリーン画面についても多くの改良を行っています。これまでフルスクリーンモードはほとんど閲覧のための機能しか備わっていませんでしたが、今回のバージョンから、Browser画面と同等の編集などの操作が可能になりました。フルスクリーン画面では画面上部にマウスカーソルを移動すると、メニュー及び編集用のツールバーが表示されます。新しく加わった右クリックメニューと合わせて、快適な編集を行うことができます。
 フルスクリーン画面では通常表示と比較してより多くの情報が表示できるため、本文が重要でないカード中心のデータでは積極的に編集画面としてご活用いただけると思います(F10キーを用いることで、フルスクリーン画面にすばやく切り替えることができます)。
 また、カード、リンクのデフォルトサイズ、形、固定設定が可能になりました。デフォルトの形などを指定するには、既存のカードもしくはリンクを選択し、右クリックメニューからSet as Defaultを選択します。この操作を行うと、今後作成されるカード、リンクにはデフォルトに設定したカード、リンクの形などが適用されます。これにより、様々なカードやリンクの形がより活用しやすくなったのではないかと思います。

One thought on “Frieve Editor Version 1.13

  1. yuji.kato

    Frieve様
    ご質問できる場所が分からなかったので、ここに書き込んでしまいました。
    Music Studio ProducerのVista対応は、予定があるでしょうか。
    よろしくお願いいたします

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


six − = 1

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>