DSC-T1 vs DSC-T100

2007/3/9に発売になったばかりのデジタルカメラ、SONY DSC-T100を
購入しましたので、今まで使っていたDSC-T1との比較写真を撮ってみました。

このページに貼り付けるにはサイズが大きくなりすぎるので実際の写真は以下の
ページに置きました。
http://www.frieve.com/~frieve-a/photo/20070310/
まとめてダウンロードはこちらから(zip, 60.7MB)
ダウンロード
Web上のレビューやメーカーのサイトでも実写画像を見ることはできますが、
当然ながらプロが割とちゃんとパラメータをいじって撮影した写真であり、屋外や
天気が良い日の写真が多く、記録解像度も最大。子持ちの家族が日常の撮影に良く
使うであろう、常にオートモード、微妙な天気&室内の、しかもカメラにあまり
詳しくない素人が、3Mピクセル程度の普段よく使うモードで撮影してどの程度の
写真が撮れるのかはなかなか分かりません。
また、最新機種同士の画質というのはWeb上のレビューで同じ場所で撮影した
写真があり比較も可能ですが、古い機種(今回の場合は3年前の機種)と比較して
最新機種の画質がどの程度向上しているのかは非常に分かりにくくなっています。
そこで、DSC-T100を過去のカメラからの買い替え候補に挙げている人、
素人が常にオートモードで手軽に取れる写真がどの程度のものか知りたい人、
あまり天気がよくない日の室内の画質などを知りたい人向けの写真を撮ってみた、
というわけです。
コンパクトカメラの限界はありますが、さすが3年経っているだけのことはあり
手振れやピンボケによる失敗写真は大幅に減るようになっているし、暗いシーンでも
随分マシな絵が撮れるようになっています。
手振れ補正に関しては、DSC-T1と比べるて通常のオートモードでも感度2倍の
シャッター速度2倍で撮りに行くのと、光学式手振れ補正を備えていることもあり
かなりぶれにくくなっています。特にテレ端でその効果は歴然です。
ただし、暗いシーンでは結構平気でシャッター速度が1/30以下になるので、
動く子供などをとるときにはオートでは厳しそうです。
高感度になると色の付いた大き目のノイズが多く見られるのは残念ですが、
これだけ小型で、レンズも飛び出さないデザイン重視?のカメラですから
仕方がないといったところでしょうか。
操作性も大幅に改善されています。例えばDSC-T1ではモード(撮影、再生、動画)を
ボタンにより切り替えていたため、撮影しようとレンズカバーを開いたらスイッチが
再生モードの位置になっている、ということも多かったのですが、DSC-T100では
レンズカバーを開いたら常に撮影モードなのですぐに撮影に入れます(再生モードは
その後にボタンで選択するか、最初から再生ボタンを押して電源を入れるように
なっています)。
DSC-T1ではできなかった、複数の画像を選択しておいてまとめて消す選択削除が
ついています。撮影した写真を確認した後は、シャッターボタンで撮影モード
戻れます。最初から充電器が付属しており、バッテリーを1つ買い足すだけで
1つのバッテリーを使っているうちにもう片方を充電しておく…という使い方が
できるようになりました。
その他にも、ストレス無く操作が行えるよう、便利使えるように随所に気遣いが
感じられるようになっています。初代のT1と比べると様々な面で随分と洗練された
印象です。
買い替えの際の参考になれば幸いです。今回はとりあえず撮ってみた感じなので、
そのうちまた追記するかもしれません。
2007/03/12追記
夜の室内でフラッシュ、オート、高感度オートの比較画像を撮影してみました。
今回も3Mピクセルにて撮影です。
http://www.frieve.com/~frieve-a/photo/20070312/
まとめてダウンロードはこちらから(zip, 59.0MB)
ダウンロード
2007/04/01追記
明るい場所や花が中心です。今回も3Mピクセルにて撮影です。
http://www.frieve.com/~frieve-a/photo/20070401/
まとめてダウンロードはこちらから(zip, 67.9MB)
ダウンロード
2007/06/02追記
出張ついでにパリの風景を撮ってきました。
http://www.frieve.com/~frieve-a/photo/20070602/
まとめてダウンロードはこちらから(zip, 87.6MB)
ダウンロード

自動音場補正について #4 補正用マイクなどの紹介

このコラムも随分間が空いてしまいましたが、今回たまたま自分用に周波数特性
補正用マイクを購入したので(Frieve Audio M-Classを使った周波数特性の測定を
行う度にリビングに仰々しいマイク、ミキサー類をセットアップするのが面倒で、
もっと手軽に測定できるようにしようとリビングでの測定専用マイクを
用意することにしたものです)、この機会にコラムの続きを書きたいと思います。
購入したのは以下のマイク&ミキサーです。
BEHRINGER ECM8000(全指向性コンデンサーマイク)
BEHRINGER XENYX 802(コンパクトミキサー)

サウンドハウスにて購入。かかったお金は送料、代引手数料込みで15,235円でした。
10年前はこれくらいのものを購入しようとすると5万円以上のコースだったことを
考えると、音響機器の価格破壊もここまできたかという感じです。
ECM8000は、全指向性専用の測定用コンデンサーマイク。特性表を見る限り周波数、
指向特性共にまあまあフラットで、あまり手で補正しなくてもそれなりの結果が
得られそうです。
XENYX 802は、ファンタム電源付きマイク入力が2系統ついたコンパクトミキサー。
マイクプリ部に自信ありげな製品であるのと、何よりファンタム付きミキサーの
中でも格安だったことが決め手となり、選択しました。
オーディオインターフェイス、ミキサー、マイクを接続し、リスニングポイントに
どんとマイクを立てて測定です。
早速周波数特性の補正を行いざっと聴いてみた感じでは、こんなに安い機材を
使っているにも関わらずしっかりと補正できているな、という印象です。
どの音域でも特定の周波数が飛び出すことなく、耳障りに感じることがありません。
測定結果をプロットしてみても、重要な帯域を無理なく測定できているようです。

もっともより厳密な測定をするためには周波数特性表がついたマイクを使ったり、
オーディオインターフェイスのAD/DA、マイクプリアンプ、ミキサーの特性を
差し引いたイコライジングを行う必要がありますが、こんな簡易測定でも何も補正を
行わないのと比較すればその差は歴然です。
Frieve Audio M-Classの自動周波数特性補正を試している人の中には、とりあえず
パソコン付属のマイクや、手持ちのダイナミックマイクを使っている人も
いらっしゃるかもしれませんが、そういった方に是非この組み合わせを
お勧めしたいと思います。
こんな機材を追加するだけでも(オーディオへの投資と考えれば、費用対効果は
相当なものです)、かなりの精度での測定が可能になりますよ。

プロジェクター天吊

これまではブラウン管テレビの上までスクリーンを下ろし、ソファの後ろの出窓に
プロジェクターを置いて投射していたのを、テレビが薄くなってスクリーンが
めいっぱい下まで下ろせるようになったので、プロジェクターもこれに合わせて
天吊することにしました(元々こうすることを想定して出窓の上に配線の
取り出し口を付け、薄型テレビのぎりぎり前に下りるようにスクリーンを設置して
いたのです)。
取り付けに使用した金具はこちら。
マルチアーム天吊「スパイダー」
http://theaterhouse.co.jp/pure+/tentsuri_shop.php
設置の際に後から角度はもちろん平行移動もできるなど調節の自由度が高そうで、
スクリーン上の狙い通りの位置に映せそうなところ(微妙に台形になっていても
簡単に修正できそうなところ)、将来プロジェクターが変わったときも
使い続けられそうなところがポイントです。
ショップ(シアターハウス)の情報ではうちのプロジェクター(Optoma H56A)が
取り付くかどうかは分からないとのことでしたが、付属のネジは長すぎたものの
(自前のネジなら全く問題なし)、難なく取り付けることができました。

あまりに設置の自由度が高いので、将来プロジェクターを買い換える際に再度
天井に穴を開けなおさずに済むように、本体端にあるレンズセンターが金具の中心に
くるように設置。左右の重量バランスが崩れるので傾き角の調節にちょっとだけ
苦労しましたが、それでもしっかり安定して取り付けることができました。
配線や金具は出窓の手前につけたシェードのおかげで全く見えず、さらに
プロジェクターを使わない時はシェードをさらに少し降ろすことで、
プロジェクターの存在をリビングから消し去ることができます。
↑の写真からシェードを少し降ろしたところ。

リビングにさりげなくプロジェクターを設置するにはこんな方法もあります。

SONY BRAVIA KDL-46X2500(ホワイト)

実に7年以上付き合ってきたTH-36FH10(Panasonicの初代タウ。ハイビジョン平面
ワイドテレビ…ってキーワードが古いなぁ~)に別れを告げ、ついにここにきて
薄型テレビに乗り換えましたよ(^^;
本当はつらつらとレビューを書こうと思ったのですが、テレビというのは色々な
要素がありすぎて、画質だけ下書きしてみたところでかなりの長さになってしまい
途中リタイヤ…。簡易レビューを書き直すことにしました(^^;
・画質
地デジ、BSデジタル、110度CS、DVD(SD)などを数日間視聴しました。
さすがに99年製のテレビからの乗り換えということでかなり期待しましたが、
最新の液晶でもこの程度か…というのが正直な感想です。画質まわりで良くなった
点として、精細感、色、画面サイズ、悪くなった点、残念だった点として、残像感、
動画の精細感のなさ、バックライトの輝度ムラ、とまあ一般的に言われていること
ばかりではありますが、挙げることができます。とはいえ一昔前の薄型テレビの
画質とは一線を画しており、メーカーの努力には頭が下がります。画質を気にせずに
適切な距離から視聴するなら、それほど問題ないレベルにはなったと感じます。
店頭や知人宅でのプラズマを含めた視聴では、TOSHIBA REGZA(Z2000)の画質が最も
好みで、次いでBRAVIA X2500≒V2500と感じました(購入検討機種のみ)。液晶の
残像はどうにもなりませんし、この点プラズマのほうが幾分マシではありますが、
個人的にリビングPCなどで静止画を表示することも多い関係上プラズマの明滅感の
方が気になったのと、普通のテレビ番組のみ視聴しているはずの購入数ヶ月の
プラズマに焼き付きが見えたことなどが気になり、液晶を選択しました。
薄型テレビの画質はまだまだ向上の余地がありますので、今後に期待です。
・デザイン
やはり薄型テレビになったことで部屋がぐーんと広くなりました。フローティング
デザイン&ホワイトモデルのおかげもあり(?)今までより画面サイズが大きく
なった割に圧迫感が無く、うちの白いリビングにも違和感無く溶け込んでくれます。

ただ、淵は黒いほうが絵が締まって見えるということもありますので、画質
至上主義の方は黒を選ばれたほうがいいかもしれません。
・機能
X2500シリーズはこれまでのモデルと比較してWチューナー、iLink、XMBなど様々な
機能が削られていますが、プロジェクター併用の身としてはテレビはディスプレイ
用途が主であり、このあたりの機能はレコーダーやPC、ホームサーバーなどに
求めたいので、特に問題にはなりませんでした。機能が削られている分今後より
安価に入手できる可能性もあるかと思いますので、本気の視聴はプロジェクターで、
普段ののんびり視聴はテレビで…という方にはお勧めできるかと思います。
・その他
ファンレスなのか、薄型テレビとしては動作音が静かなのは嬉しいところです。
価格はAmazonにて340,000円にて購入です。次モデルが発売するまでには
さらに10万円は下がりそうな気がしますが、発売3ヶ月の価格としては妥当な
ところだと思います。ホワイトは受注生産のためか、申し込みから商品到着まで
実に21日かかりました。いくら受注生産とはいえそれなりの数が出るはずですから
もう少し早く手に入るようにならないものかと思います。
以上、元々普段使いのテレビにそれほどこだわりがあるわけではない人間の
レビューですのでどれほど参考になるかはわかりませんが、46X2500の
レビューでした。
追記(2007/01/18)
あれからしばらく見続けていたところ、目が液晶に慣れたのか、それとも
バックライトの特性が落ち着いてきたのか?画質が当初の印象とは大分
変わってきました。
まず、なぜか当初より随分画面が明るく感じます。最初はダイナミックにしないと
物足りないと感じながらもスタンダードで見続けていたのが、今では
スタンダードでももう少し暗いくらいがいいかな、くらいに感じます。
おかげで、明るさや色設定が本当にこれでいいのか??と悩みながら見ることが
なくなりました。
あれほど感じていた残像感も通常の視聴ではほとんど気にならなくなり、
目の慣れというのは大したもんです(^^; もちろん画面がパンしたり字幕が
流れたりするときは意識しなくても気になってしまうことはありますが。
ちなみに設定は、画質関連ではスタンダード、表示領域をフルピクセルに
するだけで、その他は全てデフォルトのままです。
このあたりの弱点?が気にならなくなったことで、固定画素ならではの精細感や、
これまでのブラウン管と比べて鮮やかな色の印象の方が強くなりました(元々
使っていたブラウン管が99年製だったので、そもそもブラウン管の中でも
いいほうではなかった上、経年劣化もあったのかもしれません)。
購入当初と異なり、今では以前と比較してかなり画質がよくなったと感じます。
じっくり視聴したつもりでも、視聴の印象なんて案外アテにならないもんですね。
このテレビは思ったより満足して使えそうです。

ノロウイルスにご注意

今年ノロウイルスによる嘔吐下痢症が大流行だそうで。
先週末、親子でインフルエンザの予防接種に行った日の夜(娘は2回目、私は1回目)
娘が夜中にげぼげぼとやりだしました。はじめはびっくりしましたが、熱も無く、
吐いている間以外は至ってご機嫌。インフルエンザの予防接種って割と負担が
大きいって言うし、そのせいかな?なんてのんきに構えていたんです。
その2日後…。
朝起きたらどうも気持ちが悪い。そしてついに出社中道端で嘔吐…。いつもは
普段着で出社しているところ、この日はたまたま仕事の都合上スーツでの出社。
きっと傍目から見たら
「おいおい二日酔いかよ、派手にやっちゃって…まだ火曜日だよ?(w」
「いい年して自分で飲める量も分かんないのかねぇ(w」
「年末も近いし、下っ端だろうから飲めないのに飲まされるんじゃないの?(w」
みたいな感じだったに違いありません。
違うんです!
この日はどうしても会社を休むわけにいかず、急遽家内に会社まで送って
もらうことに…。以後、30分毎のトイレ駆け込みを繰り返しながら仕事することに
なりました。
正直、娘の症状があまりにも軽そうだったので、吐いてしまえばあとは何とか
なるだろうと思っていたところがあったんですよね。でも、後から調べたら子供は
大人より軽いか、軽く見えるものなんだそうです。
今回の場合、シーツなんかを汚さないように娘の○△を手で受け止めて処理して
いたのがいけなかったんだろうと思いますが(^^;、本当に子供ができてからと
いうもの病気になる回数が大幅に増えました。今までほとんど風邪をひくことも
なく、健康なつもりでいたのにちょっと自信をなくしてしまいますが、病気に触れる
機会が無かっただけってことなのか、歳のせいなのか、はたまた結婚するまでの
外食&ジャンクフード生活のツケがここに出たのか?
今年から長年のマンション生活から木造住宅生活になった影響もあるのかな?
気温の変化に対して相当体がなまってしまっているのかもしれません。。
周りの人にこの話をすると、僕も、僕の知り合いも、という人が何人もいました。
ノロウイルス、割としんどいですよ。2日くらい何も食べられないし。たくさんの
人と合う機会の多いこの季節、どうぞ皆さんも手洗い、うがいをまめにするなど、
お気をつけ下さい。

Wiiの感想

発売日にWiiを購入したので、私なりの感想を簡単に。

まず、Wiiリモコンにマウス代わりのUIとしての可能性を感じました。Wiiでは
リモコンで画面を指して、リモートでマウス的な操作を行うことができます。
リビングPCが流行らない原因の一つに、パソコンならではのUIが
使いにくいところにもあったと思うのですが、このリモコンの方式はこれを解決して
リビングに一気にPCライクなUIを備えたリビングPCやホームサーバーを浸透させる
可能性を秘めていると思います。
次に、Wiiリモコンを使ったゲーム(Wiiスポーツ、はじめてのWii)について。
Wiiスポーツの各ゲームのルールはかなり単純化されていて、マニュアルも見ずに
適当にリモコンを振るだけで、しかも5分とか10分単位で気軽にプレイできるように
なっています。これは、普通のゲームがめんどくさくて全くやる気になれない
私のような人間にはとても嬉しい。
実際人が集まったときやヒマな時に気軽に立ち上げて遊べる、初めて遊ぶ人にも
ほとんど説明の必要がないのは素晴らしく、ゲームに対する敷居を下げるという
目的はこれだけを見てもある程度達成されているように思えます。あえて難を
挙げるとすれば、手を振ることに慣れてないこともあってか、プレイ後にはかなり
手が痛くなったことですが…これは単に運動不足である可能性大です(^^;
最後は、ゼルダの伝説について。テレビCMを見て、リモコンを振って敵と戦いながら
進んでいくだけでいいのかと思ったら大間違い。さっきのWiiスポーツとは
うって変わって、こちらは非常に難解なゲームでした。
左手にアナログスティック+2ボタン、右手に十字キー、ボタン×6のついた
リモコンを持って操作し、割と頻繁にこれら全てのボタンを使うので、
Wiiリモコンで操作が簡単になったというより、今までのボタンだらけの
コントローラーにさらにマウス代わりのWiiリモコンがついたという感じです。
これは予想外でしたが、Wiiはインターフェイスだけならコアなゲーマーが
好きそうな複雑なゲームも割といけるのでは…という気がしました。
謎解きもなかなか難しく、わずか数時間で攻略ページのお世話になるように。。
ボタンも多いから、事ある毎に
「えっと…これを使うにはBボタンを押してっと…あっ!また間違えた…」
みないな。もう完全にオッサン。対象年齢12歳のゲームに大苦戦です(泣)。
本当にこんなの12歳で解けるのかな?解けるんだろうなぁ…。攻略ページの提供者は
発売日のうちに最後まで攻略したとのことですから(攻略は編集の都合かまだ全ては
載っていなかったけど)若者(恐らく)のパワーというのは恐ろしい。
最後に、全体としての感想を。WiiもNintendo DSと同じく、しばらくはその
新鮮さに酔えるハードだと思います。グラフィックなどに関しては前評判どおり
PS2と比べてさえ良い気はしませんが、操作性の新しさに対する期待感から買う人が
増え、それなりのヒットになることは間違いなさそうです。
しかし、同時にまだまだゲーム機が完成?に至るまでの道は長いな、と思いました。
ゲームは映像、音、インタラクションなどあらゆる要素が入った最強の
エンターテイメントだと思うけど、正直まだまだコンピューターゲームそのものに
底の浅さやストレスを感じることは少なくなく、苦痛であることも多いからです。
もっとも、3Dになったり、ネットワークゲームが出てきたり、今回のWiiのような
インターフェイスや、PCの世界まで見れば数限りないアイデアによってゲームが
ものすごいスピードで進化しているのもまた事実。コンピューターゲームはまだ
出来て1世紀も経っていない歴史の浅い文化ですから、今後長い時間をかけて
成熟されていくんでしょうね。

Frieve Editor公開

またまた久々の新作ソフト、Frieve Editorを公開しました。いわゆるアイデア
プロセッサ系のソフトです。誰でも有効に使っていただけるツールだと
思いますので、是非お試しください。

実はこのソフトは1年位前から自分用のツールとして作り、使い続けていた
ものだったのですが、自分でも割と便利に使えているのと、偶然動作を見た人の
反応も悪くなく(^^; これなら公開する価値もあるかもしれない、と思い、今回
ドキュメントなどを充実させて公開に踏み切ったものです。
最初のバージョンはカードにリンクが貼れるだけの代物で、そこから必要な機能を
少しずつ継ぎ足しながら実際のアイデア出し、自分の仕事の管理、その他
メモ用途などにずっと使ってきましたが、なかなか効果的なツールに
仕上がっていると思いますよ。
特徴は何と言っても、カードのレイアウトを自動的に、かつ色々な方法で
整理できるところです。まずレイアウトのことは何も考えずにカードとリンクを
どんどん配置していき、後から表示するカード、リンクの種類を変更したり、
整理方法を変更するたびにカードの配置がダイナミックに変わります。
これだとレイアウトを気にせず入力していけるので、入力に集中できますし、
閲覧時も表示するカードやカードの整理方法を変え、うねうね移動するカードを
眺めながらいろいろと考えることができます。ぼーっと考えるのに有効な
いくつかのアニメーション機能もあります。
元々自分専用ツールとして作ったものですので、一般に公開するにはまだまだ
あったほうがいい機能もあるとは思いますが、それらの機能はまたおいおい
追加していきたいと思っています。
Frieve Editorのページ(工事中)
http://www.frieve.com/feditor/
ニュースリリースはこちら

ゴキブリに初遭遇

新居に引っ越して初めてゴキブリに遭遇しました。コックローチを取り出してきて
すぐに始末しましたが、やっぱり気持ちのいいものではない…!これまでは
マンションの高層階に住んでいたのでゴキブリに遭遇することなんて1年に
0.5匹くらいでしたが、さすがに一戸建てではそうはいかないんでしょうね。。
うちの家内も例外ではなく大のゴキブリ嫌いなので、今後もできるだけ
お目にかかることなく過ごしたい。というわけで、定番ではありますが、
コンバットを買ってきて家のあちこちに設置しました。
コンバットα
今回購入したのはコンバットα。普通のコンバットは人間への毒性が弱くニオイも
しないのに対して、コンバットαは新成分で強力とのことです。
袋から出してみると、コンバットαは結構ニオイがしていました。1mも離れれば
気にならないようなニオイですが、これでゴキブリを誘っているのでしょうか?
コンバットはCMでもおなじみのとおり、エサを食べたゴキブリの巣にいる他の
ゴキブリまで退治してくれるのが特徴のようです。しかし、退治するためとはいえ
一旦ゴキブリを家の中に呼び込むことになるのでは…?もしそれで死ななかったら
ただエサを与えるだけになってしまうのでは!?!?…というのは家内の心配。
この辺り実際のところどうなのか、「ゴキブリ コンバット 食べに来る」という
キーワードで検索してみました。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200503/2005030400052.htm
…そんな小さい心配をしている場合ではないようです。

“Frieve”が認められた日

ここを見ている人の中にはGoogleで”Frieve”をキーワードに検索したことが
ある人もいるのではないかと思います。
これまでの検索結果の結果を覚えていらっしゃいますか?そう、
もしかして: Drive
です。
…こうなるのも仕方ありません。元々Frieveは造語ですから。加えてFrieveは
Driveとつづりが似ていますし、DとFはキーボードで隣り合わせ。中には
検索エンジンにFriveと打ち込んでFrieveのページに来る人もいますし、Friveで
検索してみるとDriveと間違えたと思われる検索結果が並びます。むしろ
FrieveからDriveを提示できるのは、解析エンジンが優秀な証拠だと思います。
それでは、今日もう一度Frieveで検索してみてください。そう、もはや
もしかして
は表示されていません。それどころか、立派にトップページがメニューに分かれて
表示されています!!!ここにきてようやく、Frieveという単語をGoogleに
認めてもらうことができました。

再びもしかしてが表示される日が来ないことを祈るばかりです(^^;

壁掛け時計購入

新居に引っ越してリビングの壁につける時計を吟味し続けること約4ヶ月余り。
ようやく時計が決まりました。

代官山のassemblageにて購入です。あんなに色々見てまわってそれでも
決まらなかったのに、さすがに私も家内も探し疲れたのか、今日になって
「もうこれでいいよね」と、初めて見た時計にあっさり決定(^^;
買ってから気づいたのが、秒針がついているということ。オーディオを聞くとき等
音が小さくなったところで秒針の音が気になって仕方がありません。。
これまでは結構気をつけていたはずなのに、すっかりそんな落とし穴のことは
忘れていました。今度から気をつけよう(^^;