DSC-T100 vs DSC-W200


[Up] [1]

全て記録画素数は3Mピクセル、手持ち撮影です。

クリックしてオリジナル画像を表示します。元記事はこちら(元記事上のリンクからオリジナル画像がまとめてダウンロードできます)。
http://www.frieve.com/~frieve-a/blog/index.php?e=91

DSC-T100
オート
ISO-400
F3.5
シャッタースピード1/25秒
曇りの日の室内にて

DSC-W200
オート
ISO-320
F2.8
シャッタースピード1/40秒
W200の方がレンズが明るく感度が低く、シャッタースピードが速くなっています。
また、W200の方が色が綺麗で精細感、立体感があります

DSC-T100
オート
ISO-400
F4
シャッタースピード1/25秒
同じ被写体を3倍ズームで
T100ではズームするとかなり解像感が落ちます

DSC-W200
オート
ISO-400
F5.5
シャッタースピード1/15秒
3倍ズーム
テレ端では逆にW200の方がレンズが暗くなりますが、T100よりずっと解像度が保たれています。

DSC-T100
オート
ISO-400
F3.5
シャッタースピード1/25秒

DSC-W200
オート
ISO-400
F2.8
シャッタースピード1/40秒
どの写真もW200の方がT100に比べてノイズが少ないのが分かります

DSC-T100
オート
ISO-400
F3.5
シャッタースピード1/8秒

DSC-W200
オート
ISO-400
F2.8
シャッタースピード1/10秒
砂時計も人形も、T100と比べてくっきり写りました

DSC-T100
オート
ISO-400
F3.5
シャッタースピード1/10秒

DSC-W200
オート
ISO-400
F2.8
シャッタースピード1/15秒
W200の方が人形の立体感があります

DSC-T100
オート
ISO-400
F3.5
シャッタースピード1/6秒
手振れ補正が効いており、少し気をつければ手持ちでもブレずに撮れます。

DSC-W200
オート
ISO-400
F2.8
シャッタースピード1/13秒
W200も同様に手振れ補正は有効です

DSC-T100
オート
ISO-250
F3.5
シャッタースピード1/40秒

DSC-W200
オート
ISO-160
F2.8
シャッタースピード1/40秒

DSC-T100
オート
ISO-400
F4.0
シャッタースピード1/100秒
3倍ズーム

DSC-W200
オート
ISO-400
F5.5
シャッタースピード1/60秒
3倍ズーム
この写真でも、ズームすると解像度の差が大きいのが分かります

DSC-T100
オート
ISO-400
F3.5
シャッタースピード1/40秒

DSC-W200
オート
ISO-250
F2.8
シャッタースピード1/40秒

DSC-T100
オート
ISO-125
F4.0
シャッタースピード1/125秒
3倍ズーム
T100はズームするとかなりぼやけます。多少レンズが汚れていたという可能性もありますが…。

DSC-W200
オート
ISO-200
F5.5
シャッタースピード1/125秒
3倍ズーム
T100に比べて圧倒的に綺麗に取れました。

DSC-T100
オート
ISO-100
F5.6
シャッタースピード1/640秒
晴れの日の屋外の写真も撮ってみました

DSC-W200
オート
ISO-125
F6.3
シャッタースピード1/640秒

DSC-T100
オート
ISO-100
F5.6
シャッタースピード1/500秒

DSC-W200
オート
ISO-125
F5.6
シャッタースピード1/640秒
W200の方がコントラストが高く、細部の精細感も高いです



[Up] [1]